ワカさんのメンヘラブログ

鬱々とした記事はこちら

結局今年も

広告

もう今年も終わってしまう。
去年の今頃も体調が悪かった。私にあれだけひどいことをしてきた父親がずっと前に「学費は出す」と言うから待っていたけど一向に出してくれなくて、高校三年間、一生懸命頑張って働いて、大学の学費も出すって言ってくれていたから待っていたのに、結局出してくれなくて、こういう事態でもお金を用意していなかったのを世間では「自己責任」と呼ぶらしくて、お金がないのに大学なんて行けないから通信の大学にすることに決めたのが、多分今頃だったと思う。もう少し後だったかも。
高校も通信で後悔していたのに、大学まで通信では絶対に後悔すると思っていた。今思えば奨学金を借りてでも普通の大学に行くべきだった。
大卒の肩書も欲しかった、でも昔も今も、自分に必要なのは親しい友人だと思う。友人を作るというのは通信では難しい。年数回のスクーリングの、ほぼ全員社会人で勤勉意欲の高い人が集まる殺伐とした講義室の中でどう友人を作ればいいのか、自分には分からない。

 

そして去年の今頃、多分来年は自殺しちゃうんだろうなと思っていた。というか、毎年思っている。なのに結局まだ死んでいない。

 

今も毎日体調が悪い。バイトも決まらない。
他の人を見ているとみんな家族や友人、恋人が助けてくれているようで、それはそれで各々良い方に向かっていて良いなと思うのだけど、自分は誰に助けてもらえば良いのか分からない。
まともな家族は居ない、友達は1人も居ない、お医者さんは話を聞いてくれない、市の相談に行けば金に困ってるなら通信の大学であっても大学を辞めて普通に働けの一点張り。

学費どころか生活費もギリギリ。なんで自分だけ何も好転しないのだろう。

 

結局今年も良いことが無かった気がする。もう何年もこうだ。
来年も再来年も続くなら、消えてしまいたい。

広告を非表示にする